電子マネーの技術



申し訳ございません。現在工事中です。

「様々な店舗で利用できる」ような汎用性の高い電子マネーを発行する事業者となるには、小売店にまで行き届いたインフラの構築が必要となる。情報を記録するサーバや利用者が支払いに利用するインターフェースの普及などへの膨大な設備投資が必要で、これら決済システムの導入が普及の前提となるため、参入のハードルは高い。 電子マネーの実体は単純な電子的な媒体に記録された情報(→電子媒体)でしかないため、特に「貨幣との置き換え」を目指す電子マネーでは磁気カードと比較して偽造難易度が高く複製や悪用の防止技術を組み込みやすいICカードが採用される傾向が見られる。こと非接触ICカードと移動通信体(携帯型の通信機器)を組み合わせることで決済やチャージ(銀行口座から電子マネーに金銭を振り分けること)する点などでも利便性がよく、携帯電話端末に内蔵されたサービスも見られる。 日本ではソニーによるFeliCa技術を採用する電子マネーも一般に広く利用されている。ただこれら電子媒体のデータを抜き取って複製・悪用するスキミングの懸念は拭えないなどの課題もあり、被害を防ぐ側と金銭データを狙う側はいたちごっこの関係にある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

相互リンク集 更年期障害 自動車保険 ランキング SEO対策 円形脱毛症 自動車保険 ランキング オンライン英会話 ひげ 脱毛 CFD取引 比較 中性脂肪 リンパマッサージ 小顔